特集記事

Vol.8 藤原駿—美容師

投稿日:

S__11870214

次々と高層ビルが立ち並び、日本を常にリードし続けている街、銀座。そんな銀座に構えている人気美容院「apish ginZa」にて勤務している美容師、藤原駿(ふじはら しゅん)。

ボブ職人と呼ばれるほどボブカットが得意であり、セミナーの講師や学校の先生など幅広い活動も行なっている。メンズカットや撮影の経験も豊富で、現在最も勢いのある美容師のひとりだ。

第八回である今回は一流美容師として活躍する藤原駿にこれから美容師を目指す人へ向けたアドバイスや自身の野望、目標を語ってもらった。

(インタビュー、編集/佐久間智紀・撮影/佐々信一)


 

20170331美容師藤原さん_170503_0219

「美容院が嫌いだった幼少期」

—まず初めに、これまでの経歴を教えてください。

高校を卒業し、山梨の美容学校に入り2年間通い、その後このapishで働き始めました。今年で7年目ですね。

—美容師はいつから目指し始めたのですか?

高3ですかね。目指したきっかけとはすこし逸れますが、小さい頃美容室ってすごい嫌いだったんです。坊ちゃん刈りにされたことがあって…毎回泣いてたんですよ、親と喧嘩するくらい(笑)小学校の頃は母親にカットしてもらっていて。ですが中学校になった時に行ってみた美容室で、想像以上にカッコよくカットしてもらえて、通うようになりました。そして高3の時にそのかっこよくしてくれた記憶も思い出して、美容師を目指したいなって思いましたね。

—高校生の頃などからヘアスタイル等の美容に興味はあったのですか?

そうですね、友達のヘアセットなどをしていました。

—それでは、そこから美容師を目指して行動していった藤原さんですが、美容師になるにあたって大変だった事はなんですか?

やっぱりモデル探しですかね…毎週決まった日にパーマやカラーのモデルさんを営業後に探さないといけなくて。100人に声をかけてもダメだったり、1日探しても見つからなかったり…これが1番辛かったかもしれないですね。1人に声を掛ければ見つかることもあるんですけど、こればっかりは運も大きかったと思いますね。いっぱい失敗していっぱい学んでって感じでしたね。カバンを持ってない方から話しかけた方がいいとか、後ろからじゃなくて少し前から声を掛けるとか、先輩から色々なテクニックも教わりました(笑)


 

S__11870216

(スタイリング/藤原駿)

「どう見られたいか知ること」

—藤原さんの得意な技術について教えて下さい。

ボブスタイルが1番得意です。インスタや撮影でもボブをすることが多く、お客様もボブを求めていらしてくださることが多いですね。あとはパーマも得意で、セミナーの講師も担当させていただいております。

—それでは最新の流行について。今流行っている髪型はどんなものでしょうか。

ミディアムだけどちょっと外に、肩にあたってハネる髪型が流行ってきていますね。ちょっと前だとベビーバングといって短めで隙間のある感じの髪型が多かったですが、最近ではウザバングという目にかかるかかからないか…くらいのウザったいバング(前髪)も流行ってきていますね。細かいところだと、前髪の幅を広げる方も多くなってきています。

—自分自身に合うヘアスタイルの見つけ方はありますか?

まず、自分がどう見られたいか知ることですね。クール、ウォーム、ソフト、ハードだったり色々ありますが、自分がクールにかっこよく見られたければ直線的なラインで前髪を作ったり、華やかに見られたければ動きのあるパーマをかけてあげたり…どう見られたいかというポイントを意識して考えたほうがイメージに近づきやすいのかな、と思います。

—日頃の髪のケアについて、気に掛けたほうがいいことはありますか?

ケアについては、自然乾燥は絶対にしないで欲しいですね。頭皮も湿った状態だと臭いもつきやすいですし、髪の外側のキューティクルが濡れると開いてしまって、そのままだと開きっぱなしになってしまいます。乾かしてあげればキューティクルも閉じるので、絶対に乾かした方がいいです。自然乾燥をすると髪も痛み、カラーもすぐに落ちちゃいます。

—髪を乾かすコツを教えてください。

根元から乾かすことですね。毛先から乾かす方がとても多いですが、根元に当てた風で毛先も乾いてくれます。首の後ろや前髪の根元から乾かすのがいいと思います。首元だけ濡れたままで寝癖になっていたりその部分だけ赤くなっている人ってすごい多いです。根元もしっかり乾かしておきたいですね。


 

20170331美容師藤原さん_170503_0215

 

「夢を持つこと」

—カットなどはどのくらいのペースで行うと良いのでしょうか?

男性だと1ヶ月くらい、女性だと1.5~2ヶ月に1回くらいがいいと思います。メンズは動かすスタイルなので、根元が伸びてきてしまうとほんのすこしの差だけで動きが出にくくなってしまうのでこまめなカットをしてあげると理想のヘアスタイルがキープしやすいです。

—藤原さん自身は自分の髪はどこでカットしていますか?

このお店でスタッフにやってもらっています。後輩に勉強のためにやってもらったり、他の店舗に行ってやってもらったり…ペースとしては3週間に1回くらいですかね。

—やりがいを感じる時はどんなタイミングですか?

いっぱいありすぎるんですけど…例えばその場で綺麗になった!って喜んでくれたりすることも嬉しいですけど、次もう1回来てくれたりすることはやっぱり嬉しいですね。来てくれるということは満足してくれているということですし、第三者から褒められたっていうのがやっぱり1番いいことだと思うのでそのような意見を聞けるととても嬉しいですしやりがいを感じますね。

—美容師を目指す方に向けたコメントを下さい。

まず夢を持つこと。そして、5年後10年後の自分を思い描いて行動して欲しいです。5年後こうなっている為に、1年後はこうなっていて、半年後はこうなっていて、1ヶ月後はこうなっていて、明日はこうなっていて…って、プロセスがないとただやっているだけになってしまうので、見据えて行動したほうがいいですよね。そのためにもやっぱり夢は持つべきだと思います。「なりたい」ってより「なる!」って思ってた方がいいのかなって思います。


 

20170331美容師藤原さん_170503_0094

藤原が実際に使用しているアイテム

「アイテムへのこだわり」

—藤原さんが実際に使用しているアイテムはどのようなものですか?

ウェットカット、ドライカット、セニングバサミ、レザーですね。左利きなので、左利き用で揃えています。こだわりは、信頼してる研ぎ屋さんがいるので必ずそこに頼むようにしていますね。3ヶ月待ちとか半年待ちだったりするんですけど、こういう風にしてほしいとか、時期によって研ぎ方も変えてもらえるようにしています。多く来てくださるお客様などはやはり違いも欲しいと思うので、季節ごとだったりで変化もつけています。

  • ウェットカット用ハサミ=濡れた髪をきれいに切るもの、ベースカットをするもの
  • ドライカット
    質感調整、束感を出すための少し髪が逃げる様に加工されたハサミ
  • セニングバサミ
    髪の量をとるもの。
  • レザー
    カットラインが出にくく柔らかい質感をだしながらカットできるもの。
    ハサミの様に開閉するものではなく
    肘を引く様にしてカットしていく道具。

—ちなみにハサミなどはどのくらいの期間使えるものなのですか?

10年くらいですかね?落としてしまったり欠けたりしてしまえばより研ぐ必要があったりしますけど、普通に使えばそのくらい持つものだと思います。

—藤原さんは左利きとのことですが、右利きとの違いはありますか?

まずアイテムが高いですね。ハサミなどはだいたい1万円プラスくらいになります。あとは右利きの動きと全てを逆に考えなければいけないので特に美容学生の頃は難しかったです。昔は手ばっかり見てしまっていて、全然わからなかったですね(笑)今は角度を見て切り方を分析して見ているので全く問題無いんですけど、やはり逆の動きなので慣れるまでは難しいと思います。

—左利きで苦戦している美容学生は角度を見るようにすると変わるかもしれませんね。

そうですね。手ばっかりではなくて、角度と展開図をしっかりと見てあげると良いと思います。


 

S__11870215

「日々進化できるように」

—それでは藤原さん自身の今後の目標を教えてください。

来年は副店長になりたくて、3年後には店長になりたいです。そして33歳には自分の店を出したいです。あとは美容業界で名の知れる人になることも目標です。その為にもまずは店のことは全て把握し、自ら様々な提案を行なうことなど積極的に行動するようにしています。日々進化できるように。他にはみんなの前でこのように目標を公言することで自分自身にプレッシャーをかけるようにもしています。しっかりとアウトプットしていくことは大切だと思うので。

—それでは最後に、藤原さんにとって「美容師」とはなんですか?

その人の人生に携われる最高の職業、ですかね。

—ありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございました!

 


 

藤原駿 作品紹介

(http://www.apish.co.jp/staff/fujihara.htmlから違うスタイル等もご覧いただけます。)

S__11870213

S__11870212

S__11870211

S__11870216


 

藤原駿

20170331美容師藤原さん_170503_0223

美容師。apish ginZaにて勤務。

apish内では、ヘアドクターと言われるほどの薬剤、髪、トリートメントなどの知識が豊富。
一人一人に合ったパーソナルな施術が魅力でこだわりを強くもったスタイリスト。
apishパーマアカデミーでの講師も務めお洒落ボブスタイル、メンズスタイルが得意。

藤原駿 ブログ→http://ameblo.jp/shunfujihara0410/

藤原駿 facebook→https://www.facebook.com/FUJIHARAYA

藤原駿 twitter→https://twitter.com/shunapish

藤原駿 instagram→https://www.instagram.com/apishshunfujihara/

apish ginZa HP→http://www.apish.co.jp/ginza/

 

-特集記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした